お悩み解決事例 Troubleshooting Flow

このようなお悩みを
解決してきました

お悩み 1 田んぼを売却できないだろうか?

他の不動産会社では断られた田んぼだが売却できないだろうか?

実際現地を確認し、弊社で造成し宅地として販売するため買取をさせていただきました。

弊社が田んぼを買取できるのは、土地を造成し販売するノウハウと実績があるからです。
不動産会社によっては、はじめから田んぼは取引の対象外となっているところもありますので、ぜひ一度弊社にご相談ください。

お悩み 2 道路付きの悪い土地を売りたい。

道路付きの悪い土地を売りたい。
何社か不動産会社に依頼しているが、なかなか買い手がつかない。

実際には進入路が無く、このままでは利用価値が無い為、
進入路の確保に隣地の所有者へ土地を売却して頂けるよう交渉。
ご承諾頂けたので、住宅用地として弊社が買取いたしました。

変形地や道路に接していない土地だからといって、売れない訳ではありません。
他社の不動産会社に断られた物件でも、一度ご相談ください。
何らかの解決法があるかもしれません。

お悩み 3 空き家・空き地問題

空き家・空き地問題
空き家を中古住宅として売りたい。
空き家を処分したいが費用がどれくらい掛かるか不安。
・隣の空き地が長年放置されていて荒れ放題で困っている。

無料査定を行いご納得を頂けましたら買取いたします。
もしくは、仲介物件として売却までお手伝いいたします。
境界に問題のある物件でしたら、土地家屋調査士の協力により境界を確定いたします。

空き家問題が深刻化され、『特定空き家』と認定された場合は無駄な税金がかかります。
それよりも、外観的な問題や治安の問題もあり周囲に迷惑を掛けることになります。
そんな状態になる前に、中古住宅または建物を解体し売地として売却できればベストです。

お悩み 4 離婚するので自宅を売却したい

離婚するので自宅を売却したい
住宅ローンも残っており財産分与で揉めている。

土地・建物の所有者、住宅ローンの債務者・保証人・残金等の確認をし、
お客様の資産の売却にあたり諸事情を考慮し、
お客様にとって何が得策かご提案させていただきました。

財産分与で一番困るのが、分ける事ができない不動産です。
売却し現金化することで一円単位での分割が可能となります。
財産分与については弁護士・司法書士の協力が必要です。

お悩み 5 亡くなった曾祖父の名義の土地があるが、手付かずの状態なので売却したい。

亡くなった曾祖父の名義の土地があるが、手付かずの状態なので売却したい。
しかし、相続人が多数おりどうしたら良いか分からない。

司法書士と共に各々の相続人へ連絡、面会を行い、相続登記が無事にできました。
並行して現地を確認させて頂き買取の査定を行いました。
価格にご納得頂け弊社にて住宅用地として買取いたしました。

揉め事が多い相続。相続人が多ければ問題も多く時間も掛かります。
知識を持った専門家に相談すれば、トラブルも未然に防ぐことができます。

お悩み 6 認知症の親の不動産を売却したい。

認知症の親名義の不動産売却したいが、
本人の意思確認ができず、資産を動かせないのですが、どうしたら良いか分からない

成年後見人を選任し、後見人制度を利用し売却ができました。
売却については、弊社で査定させていただきました。

認知症の親名義の不動産を売却する際の対策として、予め任意後見人制度等を利用することで 売却までがスムーズに行えます。

専門家のご紹介